01. ご使用上の注意と正しいご使用方法        

     カラコンを安全に使用するために、ご使用の前に必ず下記のご使用上の注意と正しいご使用方法、
   商品の添付文書を必ずお読みになり、いかなる場合も眼科医の指示に従い正しくご使用下さい。
   当方では医療上の責任は一切負いかねますのでご注意ください。

     【眼科の受診について】 

    ・カラコンは高度医療管理機器ですので、必ず眼科を受診・処方を受けた後にご購入ください。

        眼科検診の内容
        (1)予診問診(カラコン購入予定であることを伝えてください。)
        (2)角膜曲率(カーブ)、屈折率(度数)の測定
          (3)視力検査
          (4)眼科医による診察、フィッティング検査
          (5) カラコンの付け方とはずし方の練習
        診察費用は各医院にお問い合わせください。

    ・継続してカラコンをご使用される場合は、特に異常を感じなくても
   3ヶ月に1度を目安に眼科を受診してください。

    ・目に違和感があるときは、すぐにカラコンの使用を中止し、眼科を受診してください。

    ・点眼薬を使用する場合は、眼科医の指示に従い点眼してください。

    ・アレルギー疾患をお持ちの方は、カラコンの装用に適さない場合がありますので、
   眼科医に相談してから装用してください。

    ・高齢の方や小児等、カラコンの取り扱いが難しい場合は無理な装用はせず眼科医に相談をしてください。

      ・病気、妊娠・出産などによる体調の変化や、薬剤の服用、生活環境によっては
   カラコンの装用に影響を及ぼす場合がありますので、眼科医の指示に従ってください。

      ・装用中に化学薬品などが目に入った場合、すぐにカラコンをはずして水道水などで目を洗い流し
   眼科を受診してください。

    ・本製品着色部分が、光量を妨げ見えにくく感じられる場合や視野に違和感を感じる場合がありますが、
   次第に慣れ軽減されます。気になる場合は使用をやめ眼科医に相談してください。

    ・カラコンは金属を含む着色剤が使用されていますので、金属アレルギーの方は眼科医に相談してください。
       又、MRI等の検査を受ける場合は予めカラコンをはずしてから検査を受けてください。

 
   
     
【カラコンの基本的なご注意】

    ・目に違和感があるときや、頭痛、体調が優れないと感じた場合は装用しないでください。
   車の運転、機械等の操作などをする場合は常にまばたきを心掛け、
   乾燥を感じた際はコンタクトレンズ対応の目薬をし、体調に無理のないように使用してください。

   
  ・カラコン装用中は目をこすらないでください。
   (角膜に傷をつけたり、カラコンが破損することがあります。)
 
      ・使用期限を必ずお守りください。使用期限を過ぎて使い続けると、カラコンが劣化したり汚れが
   たまりやすくなって眼のトラブルの原因になります。
  
   ※使用期限(1日、1か月など)は開封からの経過日数であり、実際に装用した合計日数ではありません。
     1か月使い捨てカラコンを週に1度しか装用しなくても、1か月後には破棄してください。

    ・1日の装用時間は最長で8時間です。
  
 カラコンの装用に慣れるまで装着は最初の3日間は2-3時間程度にし、
   その後眼に違和感・異常などがない場合は
1日1時間ずつ延長してください。
   必ず眼科医の指示を守り、装着期限を守って使用してください。

    ・眠る前は(仮眠や昼寝も含む)必ずカラコンをはずしてください。
  
   カラコンを付けたまま眠ると目にカラコンが密着してはずしづらくなったり、角膜が酸素不足になって、
   眼病の原因になることがあります。

   ・他の人とカラコンを共用しないでください。
 
      カラコンを介して感染症になったり、合わないカラコンで目に障害を起こすことがあります。

    ・カラコンをなめないでください。口の中には雑菌などが多いため、感染症の原因になることがあります。

    ・水泳や激しいスポーツをする場合は、カラコンが外れる事がありますので
   カラコンをはずしてから行ってください。
  
    ・カラコンの装用に慣れるまでは車やオートバイ、自転車の運転、機械類の操作はカラコンをはずしてから
   行ってください。
   
万が一、運転中や操作中に異常を感じた場合は、安全を確認して速やかに運転、操作などを
   中止してください。

    ・夜間などでの使用は見えにくいことがあります。車の運転、機械等の操作にご注意ください。
     
カラコンは瞳孔の周辺部が着色されているため、暗い場所では見えにくくなる場合があり、
   思わぬ事故につながることがあります。

    ・複数のカラコンを重ねて装用しないでください。

      ・カラコンを綿棒等でこすらないでください。
  
   綿棒等でこすると、カラコンに強い力が加わり、欠け・変形・表面の傷つきが生じます。
         着色部が削られ他場合、色が脱落するなどの損傷が生じることがあります。


    ・化粧品をはじめ薬品や塵や埃がカラコンに付着しないようにご注意ください。
       特に、メイクの際はメイク前にカラコンを装用してください。
   
メイク後にカラコンを付けると、カラコンに化粧品が付いてしまい、目に障害を起こすことがあります。
     又、ヘアスプレーを使用する際は、カラコンにスプレーがかからないように、
   目を閉じてから使用してください。

    ・毒性・刺激性のある場所でのカラコンの使用はしないでください。
   塩素を発する掃除用具等を使用する際には換気を十分に行った後で使用してください。

  ・真冬の寒冷地(氷点下になるような場所)では
凍結した状態で届くことがあります。
     お湯で解凍はせずに商品到着より3日以内に
お問い合わせフォームよりご連絡ください。
   新しい商品と交換させていただきます。
    
なお、カラコンの品質に関するお問い合わせは、各商品の箱に同封されております取扱説明書記載の
   問い合わせ先へご連絡をお願いいたします。


    【カラコンを取り扱う時のご注意】

    ・カラコンを取り扱う時は、必ず石けんで手をよく洗い、清潔な手でカラコンを扱ってください
     手が汚れていると、カラコンに汚れが付いてしまい、目に障害を起こすことがあります。

      ・カラコンを取り扱う時は、必ず指の腹で扱ってください。
     爪で扱うとカラコンを傷つけたり、破損の原因になることがあります。爪を短く、丸く、滑らかに
   切ることをお勧めします。



    【カラコンの正しい付け方とご注意】

     (1)カラコンを指の腹で取り出し、人差し指の腹の部分に乗せてください。
     
       (2)カラコンにキズや破損がないか、汚れやゴミが付いていないか、よく確認してください。
     異常のあるカラコンを使用されますと、眼に障害を起こすことがありますので、
     すぐに使用を中止してください。
      
       (3)右左を確かめて下さい。
     左右が同じ度数や、度なしだったとしても、一度右に付けたコンタクトは右に付けてください。
    
       (4)裏表を確かめてください。
        カラコンはやわらかいため、裏返しになっている場合があります。
            横から見た時、きれいなお椀形になっていればそのまま装着できます。
            レンズの縁が反っている時は、レンズが裏返しになっています。
      裏返しのカラコンを付けると、異物感があったり、はずれてしまったりします。



      


       (5)(1)と同じ手の中指で下まぶたを開き、まばたきをしないようにしっかり引き下げます。
      もう片方の手の中指(または人差し指)で上まぶたを開き、上まぶたのふちをしっかり引き上げます



           
     

       (6)両目でまっすぐ前を見たまま、カラコンを黒目の上に静かにのせます。
           カラコンがきちんと黒目の上にのっている事を確認し、ゆっくりと指をはなします。
   
       (7)ゆっくりと何度かまばたきをすると、黒目の上でカラコンが安定してきます。




    【カラコンの正しいはずし方とご注意】


       (1)鏡をよく見て、カラコンの位置を確認してから、利き手の中指で下まぶたを軽く引き下げ、
    もう片方の手の中指で上まぶたを引き上げます。
     
       (2)利き手の人さし指でカラコンを黒目より少し下にずらします。
     目やカラコンが乾いていてカラコンがずらしにくいときは、コンタクト用の目薬を点眼してください。
     はずれない場合は無理にはずさず、眼科を受診してください。

      (3)そのままの状態で、利き手の親指と人差し指でカラコンの黒目にかかっていない部分をつまんで
           はずします。

           やや上を見るようにするとはずしやすいです。


    




    【カラコンの正しい洗浄・保存方法とご注意】


    ・カラコンは使用する度に洗浄してください。
     洗浄を怠った場合、汚れがカラコンに蓄積・固着し、カビや細菌が繁殖しやすくなり、
   眼病の原因になることがあります。

    ・カラコンは煮沸消毒できません。

    ・カラコンを洗浄・保存する時は、適切な洗浄保存液を使用してください。
     過酸化水素系の洗浄液での洗浄は避けてください。カラコンが変色する可能性があります。
         また、ヨード系消毒剤も避けてください。

    ・水道水でのカラコンの洗浄・保存は避けてください。
     カラコンと水道水の浸透圧の違いでカラコンが変形したり、アカントアメーバ角膜炎等の
   眼病の原因になることがあります。

    ・カラコンは、乾燥してしまうと使用できなくなりますので、常に保存液などで保存をしてください。

    ・保存ケースに保存するときはフタにカラコンをはさまないようにご注意ください。

    ・以下はレンズの洗浄・すすぎ・保存が一本でできるケア用品、MPS(マルチパーパスソリューション)
   タイプの洗浄保存液を使用した場合のカラコンの洗浄・保存方法です。
   洗浄保存液の種類によって洗浄保存方法が異なりますので、購入された洗浄保存液の説明書を
         ご確認ください。
 

  
   (1)カラコンを手のひらにのせ、洗浄保存液を数滴たらします。
    
(カラコンがつかる程度)
      
   (2)両面をそれぞれ20〜30回丁寧に指の腹でこすり洗いをします。
           
 こすり洗いの時は同じ方向(左右または上下)に動かしてください。
       円を描くようなこすり方は破損の原因になることがあります。
    


     
      
   (3)洗った液を捨ててから、新しい洗浄保存液で両面をよくすすぎます。

        

   (4)清潔な保存ケースに新しい洗浄保存液を満たし、カラコンを完全に液中に沈めてください。
             そのまま決められた時間放置し、つけ置き消毒をしてください。


     

      
         (5)カラコンを (4)のまま数日保存する時は、液を3〜4日で交換してください。
        洗浄保存液の殺菌力は日がたつにつれて低下し、カビや細菌が繁殖しやすくなり、
      眼病の原因になることがあります。




      ・保存ケースは使用する度にケースの内側、外側、フタを水道水でよく洗って、
   しっかり自然乾燥させてください。
     ケースの洗浄・乾燥を怠ると、カビや細菌が繁殖しやすくなり、眼病の原因になることがあります。

      ・保存ケースは1〜3ヵ月ごとに交換してください。
     長い間使い続けた保存ケースの内側には、目に見えない細菌が作る膜(バイオフィルム)が
   形成されることがあり、眼病の原因になることがあります



 
      02.カラコンQ&A     


   Q.カラコンは本当に付けても大丈夫ですか?
          なぜこんなに安いですか?

       A.正しく使用して頂ければ安全です。
         Mermaidcontactは、カラコンメーカー直属のオンラインショップです。
   商品をリニューアルなどにより旧商品となったりした商品を取り扱っている為、
   通常よりもお安く提供できております。
   安くなってるから「使用期限が短い」「不良品」という
商品品質の問題は一切ございません。
   全て日本の店舗で実際に売られていた商品であり、
   海外からの「並行輸入品」ではございませんのでどうぞ安心してご購入、ご使用ください。

       Q.処方箋の提出は必要ですか?
       A.処方箋のご提出は不要ですが、ご購入前に眼科を受診して処方箋をもらってください。
          処方箋に基づき、度数、ベースカーブを選んでカラコンを購入してください。

       Q.度数(PWR)やベースカーブ(BC)は、メーカーが変わっても同じですか?
       A.度数(PWR)やベースカーブ(BC)は、同じ数値でもメーカーごとに
    基準とする数値が異なる場合があります。

       Q.カラコンは、ソフトレンズですか?ハードレンズですか?
       A.Mermaidcontactで取り扱っているカラコンは、すべてソフトレンズです。


   Q.家族のカラコンを使っていいですか。
       A.家族を含む、自分以外のカラコンの使用はお控え下さい。

  Q目薬は普通の目薬をさして大丈夫ですか?
   A.いいえ。コンタクトレンズ使用可能な目薬を使用ください。

  Q.洗浄液と保存液は一緒ですか?

   A.いいえ、一緒ではありません。
     洗浄する液と保存用の液、二つ共ご用意ください。
     洗浄液と保存液が二つ一緒になった商品も多く発売されていますので、よくご確認の上ご購入ください。


 

  03.カラコン用語説明   


     (1)度数(PWR)
    カラコンの度の強さを示す数値。-1.00 -3.00 -4.75などで表示されています。0.00は「度なし」で、
    -の数値が大きくなるほど、度が強くなります。
    ※ご自分の目の度数は眼科医でお調べください。
           
    
       (2)含水率
           カラコンが含んでいる水分の割合を「含水率」といいます。一般的に含水率の高い素材ほど多くの酸素を
     通しやすいと言われることがありますが、角膜に供給される酸素の量は、カラコンの含水率だけではなく
     厚さやデザイン、汚れ具合によっても変わってきます。

     (3)直径(DIA)
     カラコン自体の大きさ(直径)を表す数値です。

     (4)着色直径
           カラコンの色がついている部分の直径を表す数値です。
 
     (5)ベースカーブ(BC)
      カラコンのカーブの度合いを示す数値です。数値が小さいほど、カーブがきつく、
    大きいものほどゆるくなります。カラコンの場合は、ピッタリ数値を合わせなくても
    大丈夫な場合がほとんどですが、ベースカーブが合わないカラコンを装用すると、
    カラコンがずれたり痛みを感じる場合もございます。
    ※眼科医を受診して、ご自身のベースカーブをしっかり把握しておきましょう。

     (6)使用期限
    カラコンを開封してから使用できる最長の期限を表します。
          1DAYのものを2日以上使用してはいけません。
    使用頻度やケアにより、カラコンの寿命には個人差がありますので、変形や曇り・傷などが
    生じた場合には、期限内でも破棄してください。




   4.高度医療機器、販売許可について   

   カラーコンタクトレンズ(以下カラコン)は高度管理医療機器です。
   平成21年11月4日より、カラコンは視力補正用コンタクトレンズと同じように
   高度管理医療機器として薬事法の規制対象となりました。
   これに伴い、カラコンの製造・輸入にあたっては厚生労働大臣の承認が、
   販売にあたっては都道府県知事の販売業の許可、販売管理者の設置が義務づけられています。
   Mermaidcontactは高度管理医療機器等販売業許可証、都道府県知事の販売の許可を取得し、
   販売管理者を設置しております。

  
「高度管理医療機器等販売業許可番号 第4501021400042号」


 
LINE